スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加賀谷香

kagaya_ss.jpg

加賀谷香

76年より故・藤井信子、川村泉に師事。全国舞踊コンクール第1位・文部大臣奨励賞など、コンクールでの受賞多数。内面の空間が広がる存在感あるダンサーとして評価が高く、ジャンルを超えた数々の作品にメインダンサーとして出演、海外公演にも多数参加している。加賀谷香Dance-SHANを主宰し、創作の分野でも活躍。都内数カ所のダンススタジオにて講師を務め、後進の育成にも力を入れている。
 新国立劇場において、03年森山開次との共作『弱法師』を発表。08年9月「DANCE EXHIBITION 2008」では太田惠資のヴァイオリン即興演奏によるソロ・ダンス『パレードの馬』を発表し、圧倒的な存在感と美しいダンスを見せた。『パレードの馬』は09年12月の現代舞踊協会公演でも再演され、その成果により第27回江口隆哉賞を受賞した。

本年11月、同劇場において、近松DANCE弐題Bプログラム『エゴイズム』として新作発表の予定。

http://www.dance-shan.com/

→n°6(第6回)詳細頁へ
→メニュー頁へ
プロフィール

croisements tokyo

Author:croisements tokyo
France, Toursで開催されている、独演・即興フェスティバル東京版

最新記事
カテゴリ
compteur
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。